北海道地図

最果ての自然、味覚を満喫する、
ゆったり島めぐり

ブナ林に覆われた奥尻島で、大自然を満喫。
青く澄んだオクシリブルーの海と、
地元ならではの漁師めしを堪能しよう!

北海道地図

1日目 ルート紹介
DAY1 ROUTE INTRODUCTION

函館空港 発奥尻空港 着食堂潮騒時空翔/奥尻島津波館カブト岩ホヤ石の滝奥尻ワイナリー民宿いしおか チェックイン双葉寿し民宿いしおか

ルート画像

❸ 食堂潮騒
奥尻町

奥尻島南部の青苗地区にある「食堂潮騒」。安くておいしいと評判のお店で、いか定食や定番のあんかけ焼きそばが人気です!

ルート画像

❻ カブト岩
奥尻町

北海道南西沖地震の際に、岩の半分が崩れ落ちた、西海岸を代表する奇岩怪石群、鎧武者のカブトに見立てたカブト岩。

ルート画像

❿ 双葉寿し
奥尻町

奥尻島の中心部にある、昭和の風情漂う寿司店。地元産の旬のネタ満載の特上寿司や生ちらし、おまかせの刺身や握りでゆっくりとお酒を楽しむのもおすすめです。

2日目 ルート紹介
DAY2 ROUTE INTRODUCTION

宮津弁天宮賽の河原公園カフェ ファーロ球島山展望台奥尻21世紀復興の森神威脇温泉民宿いしおか チェックインなべつる岩叶寿司民宿いしおか

ルート画像

❶ 宮津弁天宮みやつべんてんぐう
奥尻町

奥尻町の有形文化財。その昔、対岸との連絡の拠点として番所を置き、科人の逃亡を監視していた場所とされ、1831年に島民が大漁祈願の御神体として弁天様を奉納しました。

ルート画像

❷ 賽の河原公園
奥尻町

道南五霊場の一つとされ、島の北端・稲穂岬の約6ヘクタールに及ぶ一帯が大小無数の石塔で埋め尽くされている「賽の河原」。キャンプ場としても整備された賽の河原公園も併設されています。

ルート画像

❸ カフェ ファーロ
奥尻町

奥尻島にあるcafe faro(ファーロ)は、大好きな地元へUターンし、念願だった夢を実現させたオーナーのお店。ケーキなどのスイーツや、パスタなど食事も楽しめます。

ルート画像

❹ たましまやま展望台
奥尻町

標高369.3mの山頂から島の北側一帯の大パノラマを望むことができる絶好のポイント。夜は沖合にイカ釣り漁船の漁火と満天の星空を見ることができます。

ルート画像

❺ 奥尻21世紀復興の森
奥尻町

島の中心部にある国有林を分収育林契約し、整備・運営をしています。森は1~2時間ほどの散策コースが整備されており、島ならではの特徴を持つ植物や花、小動物、山菜などを観賞し散策することができます。

ルート画像

❽ なべつる岩
奥尻町

奥尻島のシンボルとされる岩。ドーナツ型で鍋の弦に形が似ていることからその名がつきました。夜間はライトアップされて幻想的な光景が楽しめます。

ルート画像

❾ 叶寿司きょうずし
奥尻町

奥尻の旬の魚介を使ったお寿司は勿論、デザートやつまみ系までバリエーション豊富。夜は居酒屋感覚で集まる人も多い人気のお店。

3日目 ルート紹介
DAY3 ROUTE INTRODUCTION

辻売店奥尻空港 発函館空港 着キングベーク本店金森赤レンガ倉庫八幡坂函館山ロープウェイレストランヨシヤ函館宿泊 翌日空港より帰宅

ルート画像

❹ 八幡坂はちまんざか
函館市

函館のビュースポットとして知られ、かつて坂の上にあった函館八幡宮が名前の由来。多くの映画やドラマ、CMなどの舞台になったフォトジェニックな坂です。

ルート画像

❻ レストランヨシヤ
函館市

函館山のふもとの西部地区で長く愛される老舗洋食レストラン。レトロモダンな雰囲気ある店内で味わう、名物のエビフライやハンバーグ、ヒレカツのおいしさは格別です。

各町の観光情報は
こちらをチェック!