北海道地図

小樽、余市から、北檜山、
白老までめぐるよくばり旅

小樽、余市で絶景やグルメを楽しみ、北檜山にステイ。
北檜山での充実した滞在に満足したら、
帰路は白老に立ち寄り。
よくばりに、すべてを満喫できるルートです!

北海道地図

1日目 ルート紹介
DAY1 ROUTE INTRODUCTION

札幌市 発小樽天狗山ロープウエイ・展望台ニッカウヰスキー 余市蒸溜所寿都湾かき小屋 スッツ・オイスタービレッジ温泉ホテルきたひやま

ルート画像

❶ 小樽天狗山ロープウエイ・展望台
小樽市

小樽市のシンボル的な山。山頂の展望台からは、昼間は小樽の街や港、日本海の眺望が堪能でき、夜は小樽の夜景と星空を満喫。冬は、スキーやスノーボード、ソリを楽しめます。「小樽雪あかりの路」やドラマのロケ地として国内外から人気です。

ルート画像
ルート画像

❷ ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
余市町

“日本のウイスキーの父”と呼ばれるニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝が第一の蒸溜所建設の地として選んだ余市。スコットランドに似た気候と豊かな自然の中、創業時と変わらない伝統の技を今に受け継ぎ、力強く重厚なモルト原酒を造り続けています。

ルート画像
ルート画像

❸ 寿都湾かき小屋 スッツ・オイスタービレッジ
寿都町

寿都産“寿かき”をはじめとした北海道産牡蠣や、寿都湾で水揚げされた新鮮な魚介類などを年中熱々の鉄板蒸し焼きで味わうことができる他、生しらす丼やうに丼などその時期しか食べられない旬の味覚を存分に味わえます。

ルート画像
ルート画像

❹ 温泉ホテルきたひやま
せたな町

檜山観光の拠点に最適なロケーション。夜通し入れるかけ流し温泉に癒され、地場産の山海の幸たっぷりの料理を味わい、ゆったりくつろげるお宿です。

ルート画像

2日目 ルート紹介
DAY2 ROUTE INTRODUCTION

甲田菓子店クアプラザ ピリカ

ルート画像

❶ 甲田菓子店
せたな町

注文後にクリームを詰める「岩シュー&サクサクカスター」は曜日限定販売で賞味期限1時間!あんこでクリームを包んだ大福シリーズや焼き菓子なども人気です。

ルート画像

ピリカロッジキャンプ

ルート画像

※ピザは「欧風創作料理 加味丘dining」よりテイクアウトしたものです。

❷ クアプラザ ピリカ
今金町

豊かな自然に恵まれた、公営の温泉宿。通常客室だけでなく、一棟貸切ができるコテージもあり、のんびりと「ロッジキャンプ」を楽しめます。スキー場も併設しているから、アウトドア派のリピーターも多数。湯冷めしにくいと評判の温泉で、冷えた体もぽかぽかに。食事は地元で人気のレストランによる欧風創作料理をいただけます。今金町の特産品などが揃う売店も要チェックです!

ルート画像

欧風創作料理 加味丘dining

ルート画像

クアプラザピリカ内 売店

ルート画像

ピリカ温泉

ルート画像

ピリカスキー場

ルート画像

3日目 ルート紹介
DAY3 ROUTE INTRODUCTION

ウポポイ 民族共生象徴空間焚火ダイニング・カフェ ハルランナ新千歳空港 発

ルート画像

❶ ウポポイ 民族共生象徴空間
白老町

ウポポイは日本の貴重な文化でありながら存立の危機にあるアイヌ文化の復興・創造等の拠点となる日本最北の国立博物館を含むナショナルセンターです。豊かな自然に抱かれたポロト湖のほとりで、アイヌ文化の多彩な魅力に触れることができます。

ルート画像
ルート画像

❷ 焚火ダイニング・カフェ ハルランナ
白老町

アイヌも用いているキハダの実や野草、白樺樹液などもスパイスとして使用し、北海道の食材の素晴らしさを先住民の知恵と現代の技で一皿一皿に表現。アイヌ文化の“響き”を感じるレストランで蝦夷鹿や白老牛お楽しみください。

ルート画像

各町の観光情報は
こちらをチェック!